こどもらいふmemo

母ちゃん歴4年目突入の私が子育てに役立つ情報やグッツを紹介

男のは男のらしく、女の子は女の子らしくがバカらしい理由

スポンサーリンク

男の子らしく女の子らしくはクソ

「女なんだから、もっと女らしくしろよ!」

「男なんだから、もっと男らしくしろよ!」

 

これに対して、私は声を大にして言いたい。

 

は?

 

今回は、私がこう思う理由をまとめました。

 

自分の人生だから自分らしく生きれば良い

 

先日つぶやいたツイートです。

 

男の子は男らしく、女の子は女の子らしく。こんなバカみたいな話ってなぜまかり通るのでしょうか?

 

性別で好きなことや物、習うお稽古や趣味まで制限させるのは、令和の時代には置いていきたいものです。

 

私は発達障害があって、発達障害ではない人たち(定形発達)と比べれば、奇抜な服装や髪色を好みます。

 

また、私は女性ですが、子供の頃はクラスの男の子と混じって飽きもせずに毎日ドッヂボールをしたり、友達は女の子より男の子のほうが多かったです。

 

だから、「おとこおんな」とよく言われてからかわれました。

 

そういった子供時代があったからということもありますが、「男の子なんだから~」「女の子なんだから~」という話を耳にすると、「じゃぁ、あなたは男性よりではないと言い切れるの?」と聞きたくなるのが本音です。

 

性別に捕らわれず、好きな物は好き!これでええやん?え?あかんの?何で?

 

私の何で?の返しに、「は?当たり前でしょ」という回答をする人は多く居ましたが、明確な理由を教えてくれた人は一人も居ませんでした。

子供に伝えたいこと

好きな物は好き!周りがなんか言ってきても、それを通して良いとオバチャンは思います。

 

男の子がピンクや赤・パステルカラー・プリキュアが好きでも良い。

女の子が青や緑・モノトーンカラー・シンカリオンが好きでも良い。

 

オバチャンはね、そんなしょーもない枠組みで子供の可能性を狭めたくないの。

 

だから、周りに文句言われても好きを通そう!

 

言いたかったことまとめ

  • 性別で好きなことを決めるのはおかしい
  • 性別に捕らわれず好きなものは好きで良い
  • 性別で好きなものを制限して可能性を狭める必要はない

オバチャンのこんな独り言はTwitterでよく呟かれるので、良かったらフォローしてみてくださいね!